本文へスキップ


メンバー全員で作りあげた珠玉のオリジナル曲だぜー!
音源UPしたんで、ビシバシ聴いてちょーだい。曲覚えてライブにGOだぜー!(^O^)/

オリジナル曲紹介songs list

                
   曲名(作者)  曲の解説とかなんとか
 1 ガブズ・ボート(ケンケン)
(04:51)
        
記念すべき我がバンド最初のオリジナルナンバー。
作者の趣味であるバス釣りがモチーフ。タイトルにもある仲の良かった琵琶湖の「ボート屋のおやじ」との友情、そして別れを情景的に歌ったナンバー。
アメリカンロック調でありながら歌詞は泣けます(ToT)
目に見えない絆で結ばれた友情っていいなあ〜。オイラは泣けたぜ…(byたけぴろ)
 2  マザーレイク(ケンケン)
(02:12)

バス釣りナンバー第2弾!タイトルは琵琶湖の通称。仕事中でも大好きな釣りに行きたくてウズウズしてるサラリーマンの煩悩を表現したミディアムテンポのナンバー。
湖畔の情景が浮かぶかのようだ♪(byたけぴろ) 
 3 ミラクル(ユッキーナ)
美しいピアノフレーズから始まるバラードナンバー。
実は作曲者が昔から温めていた曲に、初めて正式に歌詞が付けられ完成した。
バラードながらエンディングへかけて熱いギターソロで一気にたたみかけていく壮大なナンバー。
メンバーは演りたがってるのに何故か作者の意向で滅多にプレイしない幻の名曲。(byたけぴろ)
 4  かませ(たけぴろ)
(03:51)

ギター&ベースのユニゾンリフを基調としたナンバー。バンドの中では異色曲。

何の変化もない日常でいいのか?何もかも過ぎ去っちゃう前に、何でもいいから本能のままカマしちゃいなよ、という曲。
ちなみにメンバー間の会話で深夜練習が終わった後、「カマす〜〜?」といえば、近所のファミレスでダベることを意味する。(byたけぴろ)
 
 5  ゲリラ(ケンケン)
(03:11)

練習中になにげなく弾いてたら「意外に良くね?」ってことで作り上げた曲。
ゲリラ豪雨のように突然、もの事や環境は一変するぞ!恋愛も仕事もチャンスはほんの一瞬だから逃すなよ、的なメッセージが込められている。(byケンケン)
 6  ヤラカイヒカリ(たけぴろ)
(03:24)

日常に疲れきってお先真っ暗な状況も愛しいキミの笑顔ですべて救われちゃう♪
『女性の力は偉大なのだ〜』…ってことで、実はバンド初のラヴソングっす♪
たまたまクチずさんだらサビが突然降りてきてくれた超ラッキーな曲。ただその分、それに繋げるBメロ考えるのに相当苦労した。その後、ケンケンがたまたま弾いてたギターリフをくっ付けたら、「あらピッタリ♪いただきます。(笑)」
極力シンプルなエイトビートを意識して作った曲。(byたけぴろ)
 7  のらりくらり(ケンケン)
急いでも慌てても結果はそんなに変わらないから、ゆっくり、のんびり行こうぜ!という「うさぎと亀」的な歌。
でもチャンスは一瞬だから逃すな!と「ゲリラ」に続く感じ(笑)
イントロから飛び跳ねるピアノフレーズが印象的っす♪(byケンケン)
 8  ワイルドハート(タケピロ)
(03:42)

苦しくて辛い状況下こそ、歯をくいしばってニヤリと笑っていられるような野生の草花のような強さがほしい、という歌。
サビから作ったのだが、なぜかイントロリフとBメロが作った本人的にはお気に入りっす♪ギターソロも秀逸ぢゃ♪
(byたけぴろ)
 9  フィーリン(ケンケン)
 原曲は1年以上前からあったがキーやらアレンジを変更、特にエンディングが決まらず時間かかった〜!テーマは自分の直感で行こうぜ!っていうキャッチーな曲。(byケンケン)
 10  夜の太陽(ケンケン)  おいらの王道パターン。
最後はありえんことをブチかまして大逆転するぞ、的なイメージ。
11   We Can Run(ケンケン)  その時期に聴いていた音楽から影響を受け、なんとなくリフから作りたくなり作った曲。
本音と建前があるけど核心はひとつ。シンプリにいこうぜ、って感じかな。
 12  虹(ケンケン)  デルゾのテーマ4?であるキャッチーでシンプルでわかりやすく、また最近のテーマである短い曲を作りたくなり作ったものの、何度かキーを変えメンバーに迷惑をかけた曲。
とりあえず2016年第一弾シングル!(笑)

どう?気に入ってくれたかな?(つか、気に入ってー)
さあー、じゃんじゃん聴いて覚えちゃおうぜえ!(てか、聴いてください〜)